top of page
検索

BOSSの回想録(28)


<「BOSS THE NK+OD+菊地成孔」③>



 「GREAT HOLIDAY」当日から私とODはこの倉庫跡で暮らし始める事になった。最初の夜はODはベッドに、私は足元のスプリングの露出を気にかけないと危ない古いソファで寝たが、翌日早朝には菊地くんが14人のリフォーム会社の人間と一緒にアスベスト工事の職人のような格好で現れ、物凄い勢い、としか言いようがない速度でどんどんリフォーム工事を着工したので、襲撃を食らったと思い、反射的に、寝ているODを抱えて反撃体制になったのだが、聞こえてきたのは防塵マスクと防塵グラスを外した菊地くんの朝の挨拶だった。


 「おはようございます!おはようございますファイナルスパンクハッピーのご両人!昨日はデビューおめでとう!と言いたいところだが、お前らはしくじった!ペナルティに叩きこしてやったぞ!デーモン閣下のモノマネでうははははははははははははは!起きろOD!元気になったか?」


 菊地くんがODの頭を撫でてもODはまだ目覚めない。



 「おー、これどうにかしないとねえ過眠症。治せるか?」


 「まあ、治せるさ。それより、良いか?抜き打ちでここに来るな。抜くところだっただろ」


 「怖っ!(笑)抜くの?!オレに?(笑)」


 「、、、、ODを置いてくる」


 「ボスくん<レオン>の見過ぎでしょう(笑)。ODは少女じゃねえぞ(笑)」


 「そっちこそ<ディーヴァ>の見過ぎだろう(笑)」


 「でも<ベティブルー>なんか見ない!(笑)」


 「オレも見ない(笑)」


 「あの時期のフランスにはかっぱがれたな(笑)」


 「まあ、逃げ時は良かったろ。あと<サブウェイ>だけ見といて」


 「<ポンヌフの恋人>まで引っ張られた奴らはご苦労さんだよ。けけけけけけけけけ。あ、では○○施工の皆さーん、よろしくお願いします!!ボスくん、早速賭けだ。○○施工の皆さんに邪魔にならないように、、、、、えーっと、、、、あっちだ。あそこまでソファ動かそう」



ODを傍に横たえ、我々は悪い癖を始めた。



 「まずはODが何分後に目覚めるかだ。1時間以内か以上か。以上に3万」


 「じゃあ以内に3万」