top of page
検索

BOSSの回想録(27)


<「BOSS THE NK+OD」④>



 結果としてファイナルスパンクハッピーは、現在のところ、とするが、小田さんを入れ替わりにした活動はその後一度も行っていない。そして、この回想録の中でも、小田さんは姿を消し、最終回近くのフジロック2018でのライブの間際から最終回までは登場しない(小田さんと我々が接触しなくなった。と言う意味ではない。小田さんは菊地くんの容赦ないフックアップの賜物か、激務をこなす才媛に戻り、ODと工場長とはグループラインで繋がり、菊地くんとは共に仕事をしていたが、私との関係は直接的には切れた。ワイン会食の時は、仕事がないときに限って、たまに顔を出してくださったりしていた)。


 小田さんの人生の中で、「GREAT HOLIDAY」での珍事が、ありきたりで尊いサマーオヴラヴのままになることを、私も菊地くんも祈っている。「女の子は楽しそうにはしゃいでるのが一番だよ。なんてダッセエ事ぁ言わねえよ。ただ、踊りは教養だ。人類の、一番最初のね。歌なんて、ずーっと後に来る、高級品だよ。教養主義か非教養主義か、なんて事の遥か以前に、ベーシックな教養ってのは、ないよりはあった方が良い。言葉が喋れるとか、一人で排泄できるとか、金が使えるとか、金がないと食えないとか、でも金は直接食えない、とかさ(笑)」。


 しかし、ODは意を決した。小田さんとの半同棲生活の解消を提案してきたのである。スタジオコーストから取り急ぎ戻った湾岸の倉庫で、ODは、これからここで暮らす。と言い出した。



 「ボス、、、、、今日は、、、、本当に、、、、、」


 「もう良いOD、もう謝るな。それより、突然の睡眠に注意だな。オレも気をつける。あれだろ?工場での暮らしに、おまえ決まった睡眠時間がなかったな?(笑)」


 「はい、、、、、寝るって言うのは、、、、いつ寝て、いつ起きたか、、、、わからないもんじゃないスか」


 「工場長さんや、工場の方々は、寝起きは決めてたろ?」


 「はい、、、、でも、、、、、自分だけは、、、、、気がつくと寝てて、、、、、、いつの間にか起きて、、、、、、起きるとパンを食べて、歌を歌って、歌ってるうちにまたいつの間にか寝てるじゃないスか、、、、自分が何をやっても、お兄ちゃん達はいつも働いてたじゃないスか」


 「ほとんど嬰児のナルシシズムだなそれは。見守られ方が凄すぎる(苦笑)」


 「AG?、、、、、自分はODの方が、、、、」


 「いや違う違う(笑)。こっちの話だ。まあいい。決まった時間に寝る事は出来そうか?」


 「全然わかんないじゃないスかー、、、、、でも、今日みたいなことがあったら、、、、、、、ダメダメです、、、、」


 「そうだな。まずは、寝ても起きれるようにしないと。小田さんとミーティングだな、、、ちょっと、、、」


 「ボスボス~」


 「どうした?」


 「、、、、自分、、、、、ミトモさんのお部屋を出るじゃないスか、、、、、」