top of page
検索

BOSSの回想録(2)


<「菊地成孔+BOSS THE NK」②>


 読者の皆さん。私は現在、BOSS THE NKと名乗っている。菊地成孔くんとは友人関係にある。と言っても通用しなかろう。すぐには。


 早速昨日の話の続きに入る。我々は震災による、人々の多重的な被災に対するサポートを続けてきた。菊地くんはラジオを。即ち、音楽と言葉を使って。私は私なりの仕事をしてきたのだが、内容は明かせない。それは主に始末に関するジョブであって、菊地くんとはだいぶ職種が違う。


7年以上かけて、私は始末を続けてきた。あらゆる仕事を請け負うのが請負人としてのプライドであることは言うまでもない。それでも、気が重い時は気が重くなる。イラク戦争の回線と共にリリースされた「構造と力」からは14年が経っていた。


 ある時、数年ぶりで菊地くんから連絡があった。彼はガラケーだし、私も仕事の請けあいにはスマホは使わない。あんなに足がつきやすい道具を使って、人々は危険が全く伴わない、安全な行為だけで日々を過ごしている、とでも言うのだろうか。


 いずれにせよ、菊地くんは「スパンクハッピーをもう一度立ち上げることになった」と言った。彼は、07年に活動を休止したDCPRGを10年に再活動させた。それに際しては私には何の依頼もなかった。ただ、彼があの電化オーケストラを大きく動かす時、必ず世が乱れる。翌年に何があったのかは言うまでもないだろう。


 国内戦であるアルターウォーから7年が経過したある日の、その電話はかかってきた。


「○○(私の本名)、大仕事だ。スパンクハッピーを再始動させる事になった」


「今回は何をすれば良い?」


「全てだ」


「全て?」


「全て」


「ちょっと待ってくれ。なんで今更あのユニットを再始動することになったんだ?それを聞かないと、請け負うことはできないな」


「ラジオで、再始動を宣言してしまったんだ」


「それは、したくもないのに、口が滑ったという意味か?」


「違う。まあ、オレの心理的な流れは興味がないだろうから、事実だけを話すよ。番組で、過去の遺物として第2期のスパンクスの音源を流すと、リスナーの食いつきが異常に良いんだ」


「<15年早かった>バンドの、マーケットの無理解を、11年ぶりに晴らそうということか?(笑)」


「違う。マーケットの無理解を晴らそうなんてオレが考えると思うか?(笑)」


「一生、晴らしながら生きることになるな(笑)」